本文へスキップ

特許、実用新案、意匠、商標専門の特許事務所。知的財産に関する発掘、取得、運用等、弁理士が責任を持って対応します。無料相談受付中





   TEL.045-319-4466

知的財産について

「知的財産」・・・

「知的財産」ってなんでしょうか。「特許」とか、「商標」でよくないですか?
完全におっしゃるとおりです。結局はそういうこと・・・でしょう。
ただ、それだけではないので「知的財産」という言葉が使われているのでしょう。
私たち人間は様々なものを頭の中で創作します。難しい言葉で言いますと知的創造活動を常にしているといってもいいでしょう。
そこでポンとひらめいたアイディア、誰かに盗まれたりしたら嫌ですよね。でもアイディアなんて誰が考えたか証明できませんし、結局は作っちゃったもん勝ちというか、使っちゃったもん勝ちみたいなところが出てきてしまいます。
それではあまりにもかわいそうだねということで、この知的創造活動をした創作者にそのアイディアについて一定期間保護するようにしたのが知的財産制度というものです。

知的財産基本法

知的財産制度を包括するような形で「知的財産基本法」というものがあります。ここに、知的財産の概要が規定されています。
知的財産とは何なのか、それはこの法律の第2条に規定されています。

 この法律で「知的財産」とは、発明、考案、植物の新品種、意匠、著作物その他の人間の創造的活動により生み出されるもの(発見又は解明がされた自然の法則又は現象であって、産業上の利用可能性があるものを含む。)、商標、商号その他事業活動に用いられる商品又は役務を表示するもの及び営業秘密その他の事業活動に有用な技術上又は営業上の情報をいう。

この法律で「知的財産権」とは、特許権、実用新案権、育成者権、意匠権、著作権、商標権その他の知的財産に関して法令により定められた権利又は法律上保護される利益に係る権利をいう。

よく見てみますと、「知的財産」は「もの」と「情報」という2種類で構成されているのがわかります。
「もの」は人間の創作的活動により生み出されるものですね。発明とか、著作物とかになります。
「情報」は事業活動に有用な技術上又は営業上の情報ですね。商標や商号、営業秘密なんかです。
これらは模倣が容易です。情報なんてものは知られたらあっという間にいろんな形で利用可能です。だけれども情報を集めるのはすごい時間と手間がかかります。その結果物だけ持って行かれないようにする必要がありますね。

知的財産権の種類

知的財産権の種類としては、「知的財産」が「もの」と「情報」であることから、これらに対応するように様々な権利があります。「もの」に対応する権利としては知的創造物についての権利が用意されています。「情報」に対応する権利としては営業上の標識についての権利があります。それぞれご紹介します。

知的創造物についての権利

特許権
特許法にて規定されています。
「発明」を保護するものであり、権利期間は出願から20年です。
実用新案権
実用新案法にて規定されています。
特許と異なる点は、方法についてのアイディアが保護の対象外です。
主に物品の形状等からなる考案を保護します。
権利期間は出願から10年です。
意匠権
意匠法にて規定されています。
物品の美的外観を保護するため、デザインが保護の対象となります。
権利期間は登録から20年です。
著作権
著作権法にて規定されています。
文芸、学術、美術、音楽等の著作物を保護します。
権利期間は死後50年です。
育成者権
種苗法にて規定されています。
植物の新品種を保護し、権利期間は登録から25年です。
回路配置利用権
半導体集積回路の回路配置に関する法律に規定されています。
回路配置の利用を保護し、権利期間は登録から10年です。
営業秘密
不正競争防止法にて規定されています。
ノウハウにより秘匿している技術情報や、顧客リスト等の営業情報を保護。

営業上の標識についての権利

商標権
商標法にて規定されています。
商品やサービスに付すネーミングやロゴマークを保護します。
権利期間は更新により永続的となります。
商品表示や商品形態
不正競争防止法に滴定されています。
他人の商品と混同を生じさせるような行為等を禁じています。
ドメイン名の不正取得も対象となります。
商号
商法にて規定されています。
会社の名称たる商号が保護の対象です。

上記のうち、特許権、実用新案権、意匠権、商標権は「産業財産権」と呼ばれ、特許庁の管轄となっています。

バナースペース

荒井特許事務所

〒231-0005
神奈川県横浜市中区本町1-7
東ビル4階
TEL 045-319-4466
FAX 045-319-4460








弁理士荒井滋人のブログ